2018.10.01

新選組副長土方歳三ゆかりの地を巡る「日野市:高幡不動」

タグ: , , ,

●歴史文化と都市繁栄が共存する街

東京都日野市―――――
多摩川と浅川が街を流れる水清き街である
日野市は新撰組、土方 歳三と井上 源三郎の
出身地としても有名であり、高幡不動尊を始め
歴史が残る土地。

自然豊かな街でありながらも、商業施設や娯楽施設
都内への交通の便も良く、多摩地区でも人気があります。

日野市は東京都のほぼ中心に位置し、かつては
「日野宿」が設置され、甲州街道の農業を中心とした
宿場町として繁栄されておりました。

新撰組ゆかりの地という事で、歴史ファンにも
人気が高く市内にある「土方歳三資料館」は開館日には
多くの人が訪れています。
生活都市としても、公園や自然が多く、取材当日も
家族連れや子供たちが川沿い、公園で元気に遊んで
いる姿が印象に残ってます。

京王線、多摩都市モノレール、中央線の路線の充実や
国立・府中ICへのアクセスも良好で、アクティブな平日
休日にも対応出来る生活利便性の高い街になっております!

日野市高幡不動尊_商店街

●新撰組の魂がここに!土方 歳三・井上 源三郎出身の地!!

歴史好きの人が「日野」と聞いてピンッとくるもの。
それはやはり新撰組ではないでしょうか!

かくゆう私もかなりの新撰組好き!
こうして新撰組を紹介出来る事に、感動と興奮が
抑えきれません!

日野市は新撰組「副長・土方 歳三」と「六番隊組長・
井上 源三郎」の出身地。

新撰組の中心メンバー(江戸試衛館組)は多摩地区
出身やゆかりのある人物が多いのは幕末好きには
周知のところ。

この多摩地区で生まれ育ち、京(現在の京都府)に
向かい、そこで「新撰組」の名を授けられ、有名な
「池田屋事件」や「鳥羽・伏見の戦い」等、時代の
表舞台へと進出。

しかし、新撰組は「佐幕派」であり、時代が江戸から明治になった事から
どちらかというと「悪」の立場だったので、あまり注目される事はありませんでした。

時代は流れ、自分達の信じた夢や道に対して、
周りに笑われようと、罵られようと、ひたむきに
努力し、少しずつ実現した生き方に共感した人々から
歴史の偉人として、讃えられるようになりました。
現在でも日野市には土方 歳三、井上 源三郎の
ご子孫が住んでおり、資料館にて代々伝わる当時の持ち物を公開してくれています。
是非、立ち寄ってその「魂」を感じてみて下さい!

 ■土方歳三資料館公式サイト
  http://www.hijikata-toshizo.jp/
 
 □井上源三郎資料館公式サイト
  http://genzaburo.web.fc2.com/

不動産情報サイト 事業者連絡協議会 当サイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています
プライバシーマーク TAMAXを運営する(株)カオルデザインは個人情報を適切に取り扱う事業者です。
SSL グローバルサインのサイトシール タマックスは高度なSSL暗号化通信により、お客様情報を保護しています