多摩地区不動産検索タマックス 多摩地区の不動産業者が集結。新築一戸建、マンション、土地、賃貸住宅情報 新築分譲住宅のアスティーク
タマックストップページへ 新築一戸建検索 中古一戸建検索 新築マンション検索 中古マンション検索 土地(売り地)検索 賃貸物件検索 注文住宅について 売却について
不動産ポータルサイト 不動産物件検索方法 検索方法 不動産業者一覧 業者一覧
不動産検索タマックス不動産買い方講座

ここでは一般的な不動産購入の流れと考え方を学びます。各取引によってケースバイケースですが、スムーズな取引を行う為にもここでしっかりと基本を学んでおきましょう。

不動産を購入するということを考える。

不動産購入に少しでも興味を持った時。その時点からあなたの購入計画はスタートします。
「親しい友人がマンションを購入した」
「家族が増えて今より広いところに引っ越そうと思ったが、家賃が上がる位なら購入した方がよいのでは?」
「最近近所に住宅がどんどん建っているが自分にも買えるのだろうか?」
「帰省したら親に住宅購入を勧められた」 などなど
最初に不動産に関心を持つきっかけは人それぞれですが、せっかく興味を持ったのにろくに調べもしないで購入を諦めるのはもったいない事です。賃貸に住んでいても毎月家賃は発生します。もしかしたら今の家賃と月々同じ額で希望の物件が自分のものになるかも知れません。
大きなローンを抱えるのは誰しも気分的に気持ちよいものではありませんが、不動産購入はただの借金ではなく自分の財産の購入となります。自分のライフプランに正しく計画性を持って不動産を購入する事はすばらしい事ですし、社会的信用度の向上にもつながる行為です。
不動産購入を決して焦る必要もありませんが、せっかく購入に興味を持っている今、自分に購入できるのかどうかをここで積極的に検討してみるのはとても良い事であると言えます。

タマックスについて

多摩地区不動産ポータルサイト「タマックス」は多摩地区の不動産情報総合サイトです。不動産を買いたい方は勿論、売りたい不動産会社様も無料で利用できる為、多くの不動産会社様に参加していただき物件情報を供給していただいております。

また、地域ならではの情報や私どもタマックス運営部が足を使って集めた情報とコンテンツの数々は他のサイトには無いユニークな運営形態で大変ご好評いただいております。
2005年末の本格稼動から、おかげさまをもちまして多くの不動産会社様に参加して頂き、多摩地域特化型不動産サイトとして急成長を遂げております。
今後も、さらなるユーザビリティ・アクセシビリティの向上を目指し、トレンド、ニーズに合わせて更なる進化を目指していきますので、タマックスにご期待下さい。





タマックス加盟店のご案内

安心の不動産取引はタマックスに加盟する不動産会社に是非ご用命下さい。タマックスに加盟する不動産会社は多摩地区の物件情報を供給する有力企業で安心して取引を任せる事が出来ます。


タマックスお勧め
企業
多摩地域オススメの不動産店舗のご紹介


企業とは?

タマックスをより積極的に活用する為のサービスを利用されている企業様です。
これらの企業様はタマックスだけでなくあらゆる販売形態を積極的に採用している企業様なので、不動産物件情報が豊富で取引数も多く優れたノウハウを持っているのが特徴です。
きっとお客様のご要望にも親身になって対応してくれますので是非ご相談してみてはいかがでしょうか。



自分の希望を具体化してみよう。

どういう家に住みたいのか?どこに住みたいのか?
今まで漠然とは考えた事はあっても、いざ具体的に絞るとなると意外に考えてしまいますね。
現在の事と将来の事を考慮して計画をたてなくてはなりません。ただし30年後40年後の自分の将来を正確に予測するのは不可能な事です。予測が出来ないだけに不安にもなりがちですが、それはあなただけではありません。
ここは「その時にどうありたいのか?」という考え方でいってみましょう。きっと今までよりも一歩前進で具体的な考え方が出来ると思います。
さぁ、そこまで進んだら不動産屋さんに相談に行ってみましょう!自分の希望するような物件がはたして自分に購入する事が出来るのか?月々いくらになるのか?税金は?などなどまだまだ分からない事がいっぱいあります。あいまいな知識で自分で結論を出さず、ここはプロに相談するのが得策です。自分の収入や支払える額から購入価格を逆算してもらったり、自分の希望する地域、物件の相場を教えてもらったり得られる情報は数多くあるでしょう。相談だけでいきなり買わされたりしませんので安心して下さい。納得行くまで相談しましょう。

相談するならタマックス会員不動産会社で!
どの会社もタマックススタッフが実際訪問してタマックス会員になっていただいておりますので、信頼おける優良企業ばかりです。きっと親身になって相談にのってもらえます。
左のマークが会員企業の目印です。店頭や広告に表示しています。

希望物件を見つけて実際に見てみよう!

あなたのご要望・ご希望が伝わると不動産屋さんは数多くの物件の中から条件に合う物件を、紹介してくれるでしょう。
新築一戸建から中古一戸建、マンションなど要望に応じた物件情報をいくつかピックアップしてくれるはずです。
一般的に不動産取引の多くは仲介となります。物件はその不動産屋さんから直接売ってもらうのではなく、仲介してもらうのです。当然売主さんは他にいる訳です。新築であれば別の会社が売主で中古物件であれば個人の方が売主さんになっていることが多いです。仲介のメリットは豊富な物件の中から最適な物件を選べる事です。また仲介業者さんは日ごろから取引に精通していますので、その後の手続きなどがスムーズに任せられるといったメリットもあります。仲介の他に売主さんと直接取引する場合もありますが、自分の希望する物件を自ら見つけ出し、運よく売主さんと結びつくのはなかなか難しい事です。

現地案内をしてもらおう!
物件の候補がいくつかピックアップ出来たら、不動産屋さんに物件現地の案内をしてもらいましょう。
現地では図面だけでは分からない多くの情報を得る事ができます。
周辺の環境や日当たりや道路の状況など、実際行ってみて感じる事が多くあるはずです。
「買うか買わないか分からないのに案内してもらうのは申し訳ない・・・」なんて控えめな事を言ってる場合ではありません!非常に大きな買い物を検討している訳ですから、ここは実際不動産屋さんと現地に行き、様々な説明を聞き情報を得る事を優先してみましょう。
不動産屋さんは物件の解説だけではなく、交通機関や周辺環境の案内などもしてくれます。分からない事や気になる事をどんどん質問してみましょう。
その場で分からない事もきっと後から調べてくれるはずですし、担当者の方の対応も知る事が出来ます。

お気に入りが見つかったら具体的な購入計画に入ろう!

物件を実際に見てお気に入り物件が見つかったら購入についての検討と計画を行います。
不動産屋さんはあなたの資金計画を考慮した上で物件を紹介してくれているはずなので、その物件はきっとあなたに購入する事が可能でしょうが、実際何がいくらかかってその代金をどうするのか?といった具体的な計画を行います。
実際の物件の代金や負担金やら手数料・税金・住宅ローンにかかる費用など、諸費用がいろいろとありますので、よく確認します。そして頭金をいくら入れて住宅ローンをいくら組むのか。月々の支払いを計算してもらいましょう。よく頭金はいくら入れたらいい?といった質問がありますが、目安としては物件価格の2割が望ましいとされています。ですが、実際2割という金額は大きなものです。購入以外にも引越し費用や家具、その他諸々とお金がかかるものです。持っている資金を全て出し尽くしてしまうのではなくその後の生活の事も考慮して頭金を決めてみてはいかがでしょうか。最近は頭金がほとんどなくても購入可能な方法もあるようですので、不動産屋さんに相談してみましょう。
タマックスの「住宅ローンの話」ページで勉強してみましょう。
また、資金面だけではなく生活面での検討もしっかり行いましょう。
駅や周辺施設、通勤・通学時間など。よく調べてみましょう。お子様がいるご家庭では学校の学区域の調査もお忘れなく。タマックスの「小・中学区域サーチ」「幼稚園・保育園サーチ」が便利です。
多磨地区/小学校・中学校学区域検索多磨地区/幼稚園・保育園検索

売買契約を締結します。

購入の意思が固まったらいよいよ契約です。(契約前に申込書などの手続きが必要なケースもあります)
契約の日取りを調整し売主さんと対面して契約を締結します。
契約の前には必ず物件に関する重要事項説明を宅地建物取引主任者が行う事になっておりますので、よく聞きましょう。かなり専門的な説明で難しい内容となりますが、とても大切な事ですので不明な点、気になる点は質問しながら行うとよいでしょう。
重要事項説明が終わると契約書を読み上げ売主、買主、仲介業者が各々署名捺印を行います。
手付金を支払い領収書を受け取って契約締結となります。
当日は多くの書類を持ち帰る事になります。これらは非常に重要な書類ばかりで今後税金関係申請等、様々な場面で必要となる事がありますので、大切に保管して下さい。
また、書類は引渡しまでの間も様々受け取りますので、今後は一つのファイルにまとめるなどしてしっかりと管理しておきましょう。

契約後の手続き。

めでたく契約して一安心。ですが、ここからが手続きの本番です。まず、住宅ローンを申し込んで審査を受けなくてはなりません。
住宅ローンの申込みには様々な資料が必要です。住民票・印鑑証明はもちろん源泉徴収票や課税証明などなど。どんな書類が必要かは不動産屋さんが教えてくれますので、期日を守ってそろえる様にして下さい。
一般的には契約書にはローン条項という条文が入っています。
これは万が一ローンの審査が通らなかったら契約は白紙に戻しますよ。というものです。
もしローンが通らなければ買えない訳ですから、その場合はペナルティ無しでキャンセルする事が可能です。ですが、申込みに必要な書類の提出を怠ったりしてローンの審査も受けられなかった場合はこの条項は当てはまらないとされています。ローン条項期限が指定されている場合はその間に結果を出さなければなりませんので、必要書類等は早めに提出する事をお勧めします。
また、契約から引渡しまでの間のその他の手続きは購入した物件種類によって様々です。建築条件付売地などでこれから建物を建築する場合は間取りや設備等を選べる場合もあります。この場合は相当回数の打ち合わせが必要になります。

残金の支払いと引渡し。

いよいよ引渡しです。新しい「家」に住めるのももうすぐですね。
引渡しのすべての準備が整ったら売主さんに残代金を支払って物件を引き渡してもらう事になります。
住宅ローンを組んでいる場合は申し込み先の金融機関に売主さんにご足労頂きその場で手続きを行う事になります。
金融機関より住宅ローンで申し込んだ融資を実行してもらい、売主さんに支払います。支払うといっても口座から口座に移したり小切手にして支払ったりするので数千万円もの札束が目の前に出てくる訳ではありません。なので数千万円も動かしているにもかかわらず実感がまったく沸かないかもしれませんね。
そして支払いと同時にその不動産の所有権移転と抵当権設定・質権設定等を同時に行います。この手続きは司法書士の先生に依頼します。普通に生活している限り司法書士の先生にお世話になる事は一生のうち何度もありませんので貴重な体験です。
これで主な手続きは完了です。鍵や家の書類などを受け取ります。権利書は司法書士の先生が登記所に申請してくれますので後日手元に届きます。
この後、物件の現地立会い等をする場合もあります。
これにて購入に関する手続きは終了となります。あとは引越しという大仕事が残っております。(事前に引越しを完了させておく場合もあります)
また、不動産取得税の減免申請や住宅ローン控除の申告などお得な制度もありますので、忘れずに申請するようにして下さい。
不動産屋さんに聞けば詳しく教えてくれるでしょう。

不動産売却に関してはタマックス「不動産の売り方講座」を参照して下さい。
本ページはなるべく初心者の方にも分かり易い文章表現をしておりますが、難しい言葉や単語がありましたらタマックス「不動産用語辞典」で積極的に調べてみましょう。
― タマックス トップへ ―